1. VirtualBoxでビデオが異常に遅い

    VirtualBoxを以下の環境で使うとビデオが異常に遅くなるという問題に遭遇しました。

    • ホストWindows 10、ゲストUbuntu 18.04
    • ホスト:Ubuntu 18.04、ゲスト: Ubuntu 18.04

    これらの環境でGuest Additionsをインストールし、3Dビデオアクセラレーションを有効にすると問題が発生します。

    解決策は、3Dアクセラレーションを無効にすることです。3Dアクセラレーションを無効にすると、遅くなってしまいそうですが、有効の状態よりもはるかによく動作します。私の感覚ではGnomeデスクトップを使う分には十分な速度が出ています。

    続きを読む

  2. Spacemacs環境で起動直後のバッファを変更する

    Emacsでは通常、このようにすると起動時に node.org を自動で開いてくれます。これでToDoなどが書かれているファイルを開いていました。 起動時に視界にToDoなどが入ってくるので大変便利です。

    (initial-buffer-choice "~/Dropbox/Documents/note.org")
    

    しかし、それはSpacemacs環境では使用できませんでしたので、代わりに自分でファイルを開いて、自分でそのバッファに移るようにしました。

    dotspacemacs/user-config 内に以下を加えます。

    (switch-to-buffer (buffer-name (find-file-noselect "~/Dropbox/Documents/note.org")))
    

    以上です。

    続きを読む

  3. Spacemacs環境でElscreenを使う

    最近Spacemacsを知り、使い始めました。とても気に入っています。Elscreenを以前から使っていたので、Spacemacsでも使いたいと思ったのですが、 elscreen-start をすると

    (wrong-type-argument consp nil)
    

    となり、Elscreenを使用できませんでした。これの解決のための手順です。

    続きを読む

  4. UbuntuでexFATファイルシステムを読む

    私はGoPro HERO4 Sessionに64GBのmicroSDXCカードを使用しているため、GoProにより、microSDXCカードがexFAT形式でフォーマットされていました。Ubuntu 16.04では標準でこれを読み書きすることはできません。 exfat-fuse パッケージをインストールする必要があります。

    sudo apt-get install exfat-fuse
    

    これだけです。再起動も必要ありません。

    続きを読む

  5. Ubuntu 16.04で、他のアプリケーションからURLをChromiumでうまく開けない問題に対処する方法

    ブラウザではないアプリケーションにURLが表示されていて、それをクリックすると、ブラウザでそのURLが開かれるというのはよくあることですが、私のUbuntu 16.04は、なぜかそれができませんでした。新しいウィンドウでChromiumが起動し、ブランクページのみの状態になります。

    なぜこうなってしまったのかは分かっていませんが、 ~/.local/share/applications/chromium-browser.desktopExec のところが、 Exec=chromium-browser --enable-pinch になっていました。 これではURLを受け取れていないので、 Exec=chromium-browser --enable-pinch %U%U を加えます。 これで解決です。

    続きを読む

  6. fcitxの暴走を止める

    Ubuntu 16.04でソフトウェアアップデートを行い再起動したところ、fcitxが暴走するようになってしまいました。そのソフトウェアアップデートにはfcitx関連のものは入っていなかったと思いますが、確かではありません。

    CPUは全然使われないのですが、メモリをほぼすべて確保され、ロードがとても高く、まともに操作できませんでした。

    電源を落として、もう一度Ubuntuを起動し、ログインする前に Alt + F5 で別のコンソールに入ります。ここでならGUIが起動しないので、fcitxも自動起動しません。 ここで、 % mv ~/.config/fcitx~/.config/fcitx_backup とし、再度再起動すると、暴走がおさまりました。

    続きを読む

  7. Windowsでのタッチパネルの誤作動が改善できた話

    症状は「タッチパネルに触れていないのに、タッチパネルが反応する」です。購入直後から発生していました。最初電源を入れてから一時間、二時間程度は問題ないのですが、その後、数分に一度程度の頻度で発生していました。機種はThinkPad Yoga 260です。

    サポートに連絡すると、デバイスドライバの再インストールやWindowsの再インストールを提案されましたが、改善しませんでした。

    ところが、Windowsが標準で提供しているキャリブレーションツールで解決することができました。 「Windows + X」→「コントロールパネル」→「ハードウェアとサウンド」→「ペン入力またはタッチ入力に合わせた画面の調整」→「調整」、この手順で行えます。

    続きを読む

  8. Virtualboxのホストをスリープして復帰すると、ゲストに繋がらなくなる問題を解決

    Ubuntu 15.04のころからだったと思います。Vagrantを使用していて、ホストをスリープして復帰すると、ゲストにリクエストが到達しなくなってしまいました。Virtualboxの一時的なバグで、そのうち修正されるだろうと放置していたのですが、Ubuntu 15.10になっても解消されないので、解決方法を調べました。

    Vagrantのネットワークの設定はこのようになっています。

    config.vm.network :private_network, ip: '192.168.111.222'
    

    解決方法が簡単で、 チケット にある通りに、ホストの /etc/NetworkManager/NetworkManager.conf にこれを追記するだけでした。

    [keyfile]
    unmanaged-devices=interface-name:vboxnet0
    
    続きを読む

2015 - 2017 (c) 成瀬基樹