fcitxの暴走を止める

Ubuntu 16.04でソフトウェアアップデートを行い再起動したところ、fcitxが暴走するようになってしまいました。そのソフトウェアアップデートにはfcitx関連のものは入っていなかったと思いますが、確かではありません。

CPUは全然使われないのですが、メモリをほぼすべて確保され、ロードがとても高く、まともに操作できませんでした。

電源を落として、もう一度Ubuntuを起動し、ログインする前に Alt + F5 で別のコンソールに入ります。ここでならGUIが起動しないので、fcitxも自動起動しません。 ここで、 % mv ~/.config/fcitx~/.config/fcitx_backup とし、再度再起動すると、暴走がおさまりました。

コメント

2015 - 2017 (c) 成瀬基樹