プロジェクト間でPythonのプライベートな共有ライブラリを持つ

チームや会社、はたまた個人で開発していても、プロジェクト間で共通のプライベートなライブラリを使用したいことは多々あります。PyPIにアップロードしてしまってはプライベートにできないですし、プロジェクト間でコピペするのはナンセンスです。

1. GitHubなどに置く

pipはPythonのパッケージの管理をするアプリケーションとしてメジャーです。普段は pip install requests などとパッケージ名を与えますが、ここにGitHub等のURLを渡すことができます。requestsをGitHubからインストールするには pip install git+ssh://git@github.com:kennethreitz/requests.git です。リポジトリ内にある setup.py 経由でインストールされるので、 setup.py を正しく記述する必要があります。requirements.txt経由でもこの表記を使用することができます。

2. プライベートなPyPIを持つ

PyPIのクローンを自分でホストすることができます。実装はいくつかありますが、私のオススメは pypiservrer です。Python3で動作することや、認証をかけられることがポイントです。

コメント

2015 - 2017 (c) 成瀬基樹