UbuntuでChromeのみ解像度が異常の場合に直す方法

6月10日にGoogle Chromeを更新し、バージョンが43になりました。それからChromeのみ解像度がおかしい。具体的には横2560pxのモニタに最大化して表示しているのに、JavaScriptで確認すると1280pxしかない状態になっていました。つまり解像度が縦1/2、横1/2の、1/4になっていました。この問題は、私が確認した範囲では、Ubuntuでのみ発生していました。15.04と14.04で確認しました。

これはChromeの起動時にパラメータを与えてやることで解決できました。

/usr/share/applications/google-chrome.desktopの108行目付近に--force-device-scale-factor=1を加えます。

変更前

Exec=/usr/bin/google-chrome-stable %U

変更後

Exec=/usr/bin/google-chrome-stable --force-device-scale-factor=1 %U

Chromeはウィンドウを閉じただけでは完全に終了しておらず、オプションが有効にならない場合があります。完全にChromeを終了するか、OSごと再起動すると確実です。

Chromeのベータ版(44)をインストールして試してみましたが、同じように解像度が低くなってしまったので、今後バージョンアップされても、同じ症状が出るのではないかと思います。Chromiumではこの問題にまだ遭遇していません。

コメント

2015 - 2017 (c) 成瀬基樹