データのバックアップをどうするか

私は現在NASにデータを保存しているのですが、そのNASのHDDがいっぱいになってしまいました。なので、ファイルの保存について考えなければならなくなったので、その記録をここに書きます。

現状

IODATAのNAS を使用しています。このNASはHDDを1台しか内蔵できませんが、USB経由で他のストレージを接続することができます。私は現在USBを使用していません。

候補

  • クラウドストレージ
  • NAS

クラウドストレージ

NASをやめてクラウドストレージを使用するという案を考えました。私はクラウドストレージにデータを置くのなら自らファイルを暗号化したいので、それができることと、普段からLinuxを使用しているので、Linuxで使用できることが絶対条件です。特別なアプリケーションが必要ないことを考えるとWebDAVをサポートしているサービスが便利です。そして、大容量が必要です。

DropboxやMicrosoftのOneDrive、Google Driveなどメジャーなクラウドストレージをいくつか調べてみましたが、これらはみな1TBで月1200円ほどかかります。そして、それ以上の容量を提供するプランがないため、データが増え続けると対応できなくなってしまします。 2TBの外付けHDDが9000円で買えることを考えると、一件コストパフォーマンスはよくありませんが、あちらで冗長化してくれていることなどを考えると、それほど高くはありません。データ消失のリスクは自分でデータを保存しているよりも遥かに低いはずです。

NAS

自宅内にNASを引き続き置くアイデアは追加のHDDを買う必要があるため、初期コストがかかります。また、HDDの故障などによるデータ消失を避けようと思うと、HDDを複数台用意する必要があるため、初期コストはさらに膨らみます。HDDの故障を監視する必要もありますが、月々のコストはクラウドストレージよりも低いです。LAN内にデータがあるため、取り出しが高速に行えます。

どうするのか

とりあえず、USB経由で既存のNASのHDDを増量し、新たに大容量のHDDを用意して、Raspberry Piか空いているパソコンを使い、毎日NASと外付けHDD間を同期させようと思います。 クラウドストレージの方がアクシデントに強いと思いますが、データの暗号化などを考えるとまだまだ手間がかかります。

コメント

2015 - 2017 (c) 成瀬基樹